マツコが絶賛するシュウマイ!駒込の『野田焼売店』【マツコの知らない世界】

スポンサーリンク



こんにちは。おいしいもの大好きブロガーのともか(@kumasan337)です。

突然ですが「シュウマイ」は好きですか

私、焼売が大好きでして、先日のマツコの知らない世界でシュウマイが取り上げられたときに大興奮しました。

でも、好きとはいっても詳しいわけではないので、横浜の崎陽軒くらいしか知らなかったんです。

いろんなシュウマイを食べてみたい!!!!!マツコが絶賛するシュウマイを食べたい!!!!!

ということで、JR駒込駅近くにあるおいしいシュウマイのお店「野田焼売店」にやってきました。

マツコの知らない世界で紹介された『野田焼売店』のシュウマイ。

日曜日の13時!ラッキーなことに待ち人なし。今日は暑いから外で待つのはキビシイ…!

道路挟んで向かい側が六義園という好立地。大きな看板が良く見えるので見つけやすいです。

 

今回オーダーした料理(シュウマイ6種+料理2種)

マツコ絶賛のシュウマイ(1人前223円~278円)

野田焼売店のシュウマイは全部で6種類。

  • 水焼売(左上)
  • 焼焼売と揚焼売(左下)
  • 焼売(一番右)
  • 辛味焼売(右上とうがらし)
  • チーズ焼売(右バジル)

今回はハーフ盛り合わせ(全種類1個ずつ)をオーダーしました。

まずはこれ、店内限定の水焼売。いきなり変わり種です。

水餃子は聞いたことあるけど、水焼売ってめずらしくありませんか?あっさり味のスープに焼売が浮かんでいます。2つに切って入っていました。

残念ながら水焼売はテイクアウトはできません。

△左が揚焼売、右が焼焼売

こちらも半分に切って出してくれました。焼いたシュウマイは野田焼売が初めて。皮はかりっと、お肉は柔らかくジューシー。

△左から辛味焼売、チーズ焼売、焼売

この3種類はセイロで出てきます。このセイロから上がる湯気がね、たまらんのです。写真に湯気が移せないのが悔しい・・・!

辛味焼売はトウガラシがささっていて攻撃的。断面も結構赤い色をしています。激辛ではないけれど、ちゃんと辛いところがおいしい。(唐辛子食べませんでした)

チーズ焼売はイタリアンなお味。中華×イタリアン?という想像できない組み合わせでしたが、これが意外と合うのです。上にかかっているバジルが良いアクセントになっています。

最後が定番のシュウマイ。安定のおいしさ。私はこれが好きだよ。シュウマイ愛してる。

 

名物:本格四川麻婆豆腐(680円)+定食セット(150円)

『名物』とあるので人気メニューなのだろう、と注文。

辛さが【小辛】【中辛】【激辛】の3段階から選べます。今回は中辛をチョイスしましたが、結構辛いです。激辛大好き!という方でなければ小辛か中辛がオススメ。

プラス150円でごはんとスープがセットになった定食セットも選べます。

ごはん必須。ウマ辛でごはんがじゃんじゃん進みます!!

 

野菜たっぷりタンメン(880円)

店内は担々麺を食べている人が多かったのですが、今日はあっついのでさっぱりタンメンをチョイス。…!

キャベツ、白菜、もやし、きくらげ、たけのこ、豚肉。『野菜たっぷりタンメン』という名前の通り野菜がいっぱい乗っていて、もりもり食べられます。

あっさりした塩味がちょうどよくおいしい!大汗をかきながら食べるのがまた良い(笑)

▲あっさりタンメン。麺はモチモチ。

 

お店情報:野田焼売店 駒込店

メニュー:ランチ予算はひとり1,000円~1,500円

焼売+ランチ定食(ランチメニュー)で1,000円~1,500円くらいです。

待ち時間は場合による、3人以上で行くときは要確認。

店内は18席(カウンター3席、カウンター5席、テーブル2席×5卓)

日曜日の13時ころに2人で来店した時は運よく待ち時間なしで入店できました。そのあとにきた方は外で待っていたので、待つことも考慮しておくといいと思います。

また、3人以上の場合はカウンター席がまとめて空くか、テーブルが並んで空いた時しか一緒には座れません。3人席が空くのを待つのか、別々でも空いたら入りたいかを店員さんに事前に伝えておくとよいと思います。

場所・営業時間

住所:東京都文京区本駒込6丁目24−24 鈴木ビル
(南北線駒込駅1番出口から徒歩1分/JR駒込駅から182m)
TEL:03-5395-9940
営業時間:11:30~24:00(フード L.O 23:00) 日曜営業
公式サイト:野田焼売店ホームページ

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です