スパイシーで絶品!十条の「Bisan(ビサン)」は東京でも珍しいパレスチナ料理のお店

スポンサーリンク



こんにちは。おいしいもの大好きブロガーのともか(@kumasan337)です。

「パレスチナ料理」って食べたことありますか?

東京は世界各国の料理が集まっているグルメ都市ですが、パレスチナ料理が食べられるお店はそんなに多くありません。

ニュースで聞くくらいで全然知らないパレスチナの料理……食べてみたい!

ということで、埼京線十条近くにあるパレスチナ料理店「Bisan(ビサン)」にやってきました。

東京でパレスチナ料理が食べられる店:Bisan(ビサン)

このお店、中東の雰囲気が漂っていますね。ちょっと怪しげで、日本の飲食店にはない雰囲気です。今までの人生で中東には行ったことはないですが、なんとなく中東っぽい感じがします。

店内にはこんな中東感のある雰囲気が。この下には水タバコと思われる機材も置かれていました。

今回オーダーした料理(5種)

パレスチナのチャーハン:マンサフ(1,500円)

まずはこれ。マンサフ。

これが!!うまいのです!!!!このお店の定番メニューかつ人気メニューです!

一言でいうならば、パレスチナのチャーハン。18種類のものスパイスをブレンドしているマスターの実家の家庭料理だそうです。

見た目は日本で言うとドライカレーのように感じ?なのですが、たくさんのスパイスが使われているので食べたことない味がします。

スパイスがたくさん使われているからといって食べにくい癖があるわけではなく、刻んだトマトがアクセントになってさっぱり食べられます。

お皿の大きさは30センチくらい。普通のオムライス2つ分くらいありそうです。結構ボリュームがありますが、おいしいので結構さくさくたべられます。

オリーブのきいた贅沢サラダ:アラブサラダ(1,400円)

オリーブのたっぷり入った贅沢なサラダ。きゅうり・トマト・サニーレタス・たまねぎ・キャベツ・パプリカなど、新鮮な野菜を活かしたサラダです。

パレスチナでは日本の生野菜サラダのように葉物野菜をむしゃむしゃ食べるというより、刻んだ野菜に味をつけて食べるのでしょうか。

細かく刻んだ野菜にたっぷり入った刻みオリーブ。まさにオリーブという、オリーブオリーブした味付けです。オリーブ好きにはたまらない一品かも。

オリーブは買うとお高いので、メニューに書いてある通り贅沢なサラダです。笑

パレスチナの水餃子:シュシュバラク(1,500円)

ひき肉をもちもちの皮で包んだパレスチナの水餃子風。ヨーグルトソースとミントの組み合わせが独特の風味と濃厚さを醸し出しています。

分厚いもっちりの皮で、餃子というよりすいとんのような感じ。

ヨーグルトソースと書いてありますが、思ったほどヨーグルト風味ではなく、今まで食べたことのない味がします。うまく言い表せない…ぜひ食べに行ってみて…!

ピタパン(150円/1枚)とラム肉をミンチにしたお料理(1,500円)

今日のオススメの一品!ラム肉をミンチにしたお料理です。料理の名前がわからなかった…!

一緒にピタパンにはさみ、ピクルスやオリーブでさらに味を引き締めると相性抜群です。

ピタパンはパレスチナの主食で、いろんな料理に合わせて食べられます。

マスターによると、コメの入った料理以外はピタパンにはさんで食べる、とのこと。お肉にも野菜にも合うので大活躍します。

▲ピタパンにお肉と野菜を挟んでみた。

マスターに教えてもらって最初に頼んだアラブサラダも一緒に挟んで食べてみました。オリーブがアクセントになっておいしいです。

 

お店情報:パレスチナ料理店 Bisan(ビサン)

予算はひとり4,000円~6,000円

今回は食べる量多めの男女2人で来店して、上にご紹介した5品+お酒3杯でおなか一杯になりました。お会計は全部で9,000円くらいです。

ふたりで行っておすすめは、

  • サラダ1品
  • アラカルト1品
  • メインデッシュ1品

くらいでオーダーするとちょうどいいと思います。たくさん食べる方は+アラカルトかメインデッシュでしょうか。1皿がボリューミーなのでおなかと相談しながらオーダーしてくださいね。

お酒を飲む量によりますが、だいたい予算はひとり4,000~6,000円あれば足りると思います。

予約必須、店内7席の小さなお店です

店内は7席しかない小規模のお店です。電話して予約していくのをオススメします!休日の19時に予約して来店しましたが、空席は0で予約なしのお客さんが来ても入れませんでした。

場所・営業時間

住所:東京都北区中十条2-21-1(十条駅から徒歩3~5分)
TEL:03-5948-5711
営業時間:17:00~翌1:30
定休日:水曜(お盆も営業していました!)

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です