堀江貴文氏の著書『これから稼ごう」で仮想通貨と未来の社会について知ろう。

スポンサーリンク



こんにちは、ブロガーのともかです。

今回は巷で話題になっている、元ライブドア社長の堀江貴文氏の『これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話』を読んだ感想をまとめます。

さすがは世間を賑わせた堀江氏。堀江氏ならではの経験や、知識の深さでお金のことを語っていて、ぐんぐん引き込まれていきます。

この本は、

  • 仮想通貨の歴史
  • ビットコイン、イーサリアムについて
  • 法定通貨と仮想通貨関係
  • トークンエコノミー

についてまとめられています。

初心者でもわかりやすく、用語の解説も詳しいので気軽に読めますよ。

これからのお金のことを知って、未来生きるための新たな視点を学んでいきましょう!

この本をオススメする方
  • いまいち仮想通貨がよくわからないという方
  • 仮想通貨についてもっと知りたい方
  • 新しい社会の流れに乗りたい方
  • 未来に希望が持ちたい方

いつまで君は円建てで人生を考えているんだろう?

ページをめくると、この言葉。

増税や社会保険の負担、もらえるかわからない年金。先行きの見えない生活や未来への不安に押しつぶされてしまいそうになることがあります。

アラサーの私の友人達の間でも

「お金がかかるから子ども2人産むのは無理だなー」
「老後のために今から貯金していかないとねぇ」

という話をしたりします。

他にも、

  • いったい日本はどうなってしまうの?
  • 生活に困らないためにはどれくらいのお金が必要なの?
  • AIが発展してるっていうけど、私たちの仕事はどうなっちゃうの?

など、悩みは尽きません。

そこで冒頭の言葉。

上の全ての悩みはがお金、日本円に関するものです。未来に不安を募らせ、少しでも安心するために働き、貯金を増やすという日々。

ですが、仮想通貨の登場やAIの登場で社会そのものの仕組みも、働き方も変わってくると堀江氏は言うのです。

これからの社会に目を向けるべき

初代iPhoneが発売されたのが私が高校生だった2007年。

クラスで1人か2人、iPhoneを持っていましたが、まだまだガラケーの時代。私はそんなに興味を持っていませんでしたし、爆発的にスマートフォンが普及するなんて想像もしていませんでした。

今では当時よりスマートフォンでできることが増え、もはやできないことはないんじゃないかとも錯覚するほど便利になりましたよね。

たった10年でこんなに変わりました。

仮想通貨ビットコインも生まれて10年だそうです。(これまでの歴史を詳しく知りたい方は本を読んでみてくださいね)まだまだ怪しいとか心配だとか、いろんな声も聞こえてきます。

でも、仮想通貨のテクノロジーは社会を大きく変えていく力を持っているんじゃないかと、素人の私にも感じられました。

現在、現金(日本円)が最強であるには変わりありませんが、それだけにとらわれるのではなく、新しい新しいお金の形を知ることが必要だと思わざるを得ません。

社会はいま、評価経済社会に舵をきっている

どうなるかわからない将来を案じながら生きていくより、

「辛いことはAIに任せて自分の時間を生きよう!」

と、考える方がずっとわくわくしませんか?

そんな未来に生き残っていくためには、自分の価値を高めていく努力が必要です。自分の価値とは、お金で交換できない自分独自の信用と評価のこと。世の中はお金にできない評価を多く得た人が生き残っていく評価経済社会に舵をきっています。

「そんなに私には魅力がないよ…」と思った方、よくわかります。私もそう思いました。

でも、堀江氏はこう言っています。

あなたは、そんなにいけてないわけじゃない。
ちょっとの工夫と、ちょっとの勇気が発揮できていないだけだ。

すぐに行動。小さなことでも、できることから始めましょう!

行動の第一歩、まずは『これからを稼ごう』を読んでみませんか?

Amazon.co.jpアソシエイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です